木造住宅とは?費用や耐震性などの関連情報を初心者にも分かりやすく紹介

当サイトは木造住宅とはどういった特徴があるのか、費用や耐震性などの関連情報を初心者にも分かりやすくご紹介しています。
木造やコンクリート造などで迷う場合には、ぜひ参考にしてみてください。
建築費用を抑えることができるのが木造の住宅です。
予算を抑えて家を建てたいと考えているのなら、選ぶことを検討すると良いかも知れません。
またこのサイトでは木造の住宅に使われる木材の種類についても解説しているので、要チェックです。

木造住宅とは?費用や耐震性などの関連情報を初心者にも分かりやすく紹介

住宅にも様々な種類のものがありますが、中でもよく情報として見聞きする木造住宅はどういったものなのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
木造住宅は木材を主に使用して建てられている住宅です。
費用は建てる家によって異なりますが、平均的な坪単価は56万円ほどといわれています。
耐震性は、鉄骨で作られている建物と比較すると低いのが特徴です。
とはいえ定期的なメンテナンスをすることで、耐震性がより低まるのを避けることができます。

木造住宅にかかる費用の内訳や相場

木造住宅を建てるための費用の内訳は、大きく3種類に分けられます。
一つ目は建物本体の建築費である「本体工事費」で、全体の約75%ほどを占めるのが一般的です。
二つ目は建物以外の工事費である「別途工事費」で、外構工事費、水道やガスの引き込み工事費、地盤改良工事費などが該当します。
一般的には、全体の20%ほどの割合を占めます。
三つ目は住宅ローンや登記に伴う支出や引越し費などが含まれる諸費用で、全体の5%ほどを占めるのが一般的です。
また、木材住宅にかかるコストは様々な要因で変動しますが、国土交通省が公表している2020年度の建築着工統計調査によると、木造一戸建て住宅の工事費予定額は1平米あたり17万円となっています。
この結果から坪単価の相場を計算すると56.1万円となりますが、この金額は鉄構造や鉄筋コンクリート造と比べると安価です。
これは、木造住宅は基礎工事や建材の下処理に手間がかからないためだと言われています。

木造住宅の耐用年数と実際の寿命はどれくらい?

企業なり個人が所有する固定資産が、その固定資産としての使用に耐えられ期間を法的に定めたものが耐用年数と言われるものです。
企業であれば固定資産税という経費を計上することで、その年の利益を少なくすることができる金額になります。
公平な税収を考えれば保持する固定資産も、使用された期間でその価値は減少するという考えて定められなければなりません。
したがって、ここで示されている期間は木造住宅の法的な残存価値を、帳簿上で示しているだけのものになっているのです。
要は法的に定められた期間を過ぎた建物であっても、そのような理由だけで寿命が来ているとは判断できません。
特に木造住宅であれば定期的なメンテナンスと、補修を確実に行うことで家の持つ機能は長く維持できます。
耐用年数とは国が定めた固定資産の簿価を計上するためだけの決まりであり、そこにある建物がもう住むに堪えないという事を示しているものではありません。
その家に住む人が大切に扱い住み続ければ、その家の寿命は法で定められた期間の何倍も長くなります。

木造住宅を検討する際に重要視すべき耐震性

木造建築は、耐震構造で強固にできる魅力的なものです。
日本は地震が非常に多い風土なので、耐震性に関する基準が非常に厳格であるという特徴が存在します。
実際に、建築基準法を満たした木造住宅にしなくてはいけませんので、これを満たすことができないと建築物として認めることができなくなります。
日本の木造建築が優秀なのは、地震に強いのはもちろんですが防火性の観点からも非常に優れているという点です。
例えば、火災が発生した時にはなるべく燃えづらい状況を作らなくてはいけません。
周囲に燃え広がってしまうと、それだけで被害が拡大してしまうからです。
しかし、木造建築は素材が木材なので燃えやすい性質があり、こういった対策をすることが一見すると難しいように見えてしまいます。
ところが、日本の木造住宅は防火区画を造って空気の通り道を無くすことでこれを実現しています。
そのため、木造住宅の検討時にはこういった災害に強い状態であるかを確認しなくてはいけません。

基礎工事に手間がかからない木造住宅

基礎工事というものは、すべての家づくりに必要なものです。
しっかりとした工事をしていないと、地震や台風などの天災に弱かったり、すぐにシロアリが発生したりと、安心できる住まいとは言えないものになってしまいます。
日本では昔から木造住宅が多いですが、ほとんどがベタでコンクリートを全面に流し込んで家を留める工事を施工しています。
木造住宅はコンクリートや鉄骨の住宅に比べ、耐久性が低いと考えられがちですが、実際はベタ基礎の施工をしているため、家自体は耐震性が高くて安全性は確保されており、長期にわたって住めるものです。
また、この施工の仕方ですと、シロアリは侵入しにくく、湿気も通しにくいのがメリットと言えます。
人が床下に入りやすいためメンテナンスがしやすく、木造住宅の一番の問題であるシロアリ対策としては最も効果的です。
少々値は張りますが、長期にわたり住むことを考えると、メンテナンスの手間を少なくしてくれる工事を選ぶべきでしょう。

著者:東海林一

筆者プロフィール

福島県会津若松市生まれ。
結婚を機に新築の木造住宅を建てました。
この体験をもとに木造住宅についての記事を書いています。
会津若松市の木造住宅はこちら